2017年06月01日

愛車の売却

愛車の売却見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)では、スタッドレスタイヤを装着しているか否かは、特に有利なポイントではないようです。
タイヤにプラスアルファの価値がつかないなら、タイヤショップや競売サイトで売ったほうが値段がつく分、プラスになるということですね。
もっとも、冬タイヤは長く降雪のある寒冷地では、欠かすことができないので、クルマにつけておくことで、多少はプライスへ加算して貰えることも考えられます。
クルマを売ろうと考えていてくるまを買取専門店に持ち込んで審査をうけ、売買の契約が成り立った後に値引するよう伝えられる時もあるようです。
この場合でも、詳しくチェックした所、欠陥があったので買い取りプライスを下げさせてくれともとめられても同意しなくて良いのです。
それがあることを知りながら予めの報告を怠ったのならまだしも、それとは異なるのなら断固引き下げを拒否するか、取引を白紙に戻すべきです。
たとえばあなたが、納税証明書を失くした場合、これはクルマ買取の際、欠かせないものなので自動車税をおさめ入れた地方の税事務所で再度発行してください。
或いは軽自動車だと、区役所か市役所での再振り出しとなります。
仮に失くしていればスピーディーに手続きを完了させて、クルマを売る頃までに慌てずに提出できるようにすべきです。
クルマを買取に出す際のフローというと、一斉見積サイトの店舗の中から、リアルな交渉先をチョイスし、その後、現物評価をお願いするというのがポピュラーだと言って支障ないだといえます。
一括鑑定は若干機械的で変化する余地が多くないですが、後者は現実に人対人の交渉、要は、生のネゴシエーションで買い取り金額が動くケースが考えられます。
時間に余裕があるのなら、別の業者にも現物見積に来て頂いて、それに沿って値段交渉しても良いかも知れません。


posted by 福山亮 at 01:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする